犬暮らし

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

捻転の予防・・・

今朝、直人家のドーベルが捻転で亡くなった。
去年捻転になった犬とは又違う6歳間近の男の子。。
夜中3時前に連絡を貰って駆けつけたが間に合わなかった。

今日の未明から小さな嘔吐をしだし、家族が嘔吐に気付いた頃には
もうだいぶ進んだ状態。
掛かりつけは、すぐ折り返し連絡しますと期待の返事が来そうな感じで
待ってたらナカナカ連絡が来ず結局手術は出来ず時間ロスとなっただけだった。
家族にとってはこれが命を落とすロスタイムになるとは思いもしなかった。
もう一頭2回の胃捻転から生還しているドベも居る。家族にとってはまさかと言う
思いだったらしい。私も最初連絡を受けた時点では捻転に関しても経験者の飼い主だし
まさか亡くなるなんて思わなかった。いや、思いたくなかった。

いくら食事を運動の前後は時間を空けていても、捻転になる子は居る。
やっぱりこればっかりは運もあるのかも知れない。
なる時はなると言うか、どれだけ気をつけていても捻転で命を落とす子も居る。
結局は家族が、オーナーが犬の変化にイカに反応してやるかのような気がする。
ほんと捻転系統だけは容赦できない。
あの苦しむ顔を見るのはどれほど辛いか。

関西は比較的胃捻転の手術も良心的な価格らしいが、関東の獣医さんでは数十万の所もあるらしい。
その医療費だけでも莫大な物。日頃からほんと蓄えとかないとと今回も思った。

うちも近くの夜間病院は2軒あるけど、夜中に走ってもどちらも1時間ほど掛かる。
もしも捻転になった時・・・って考えたら冷静さを欠かないようにする事が第一ですね^^

ふと今日は色んな緊急事態の事について考えた一日でした。
また明日から気持ちを切り替えて頑張ります^-^

フラムは今日は初めて1日お留守番した。
ところが、夕方帰ってきて山に散歩に連れて行くと
軟便というかほぼ下痢をした。久々の不調。
昨日の夕方一度軟便をし、今朝は良便に戻ってたけど
念の為下痢止めを夕方飲ませた。ストレスかなぁ。
それとも昨日の続きで寒暖の差かな~。
ご飯もちょっと少なめにやった。明日は治ってるかな^^

| よ~く考えよ~☆ | | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悲しい現実・・・

2週間ほど前だったかなぁ。
神戸で高級な純血犬ばっかりが放浪してたのを保護されたってニュースでやってたのは・・・。
その犯人が今日捕まりましたね。

しかも聞いてビックリ、ペットショップをしようとしてた人が
犬を購入するうちに犬代と維持費でお金がなくなって、挙句にマンションに住んでて
ウルサイ、臭いと近所の人や大家に苦情を言われて捨てに行ったんだとか。。
有り得へん・・・最近こんな話ばっかりやん。しかも家にまだ小型犬数頭が放置状態でいるらしい。
この炎天下の中・・・・。亡くなってる子もいるんじゃなかろうか。
そんなん犬が好きでペットショップするん違う。儲かると思ってしたんだろう。
犬種見てもミニピンとかボルゾイ、ケアン、コッカーとか結構珍しい犬種もいたし。

最近、犬の雑誌とかでトリマーの学校の広告見ても『就職率100パーセント』とか言うのが
少なくなった気がする。私達の時はそれが「ウリ」かのように絶対位書いてあったし。
でも実際は資格取るまでに辞める子ももちろんいるし、資格とっても資格取っただけで
就職せず別方面へ行く子も多かった。それは100パーセントとは言わないだろうってね。笑

ペットショップって今大手も一杯出来てるからほんまに戦争状態だと思う。
しかも店員は知識無いバイトとか、こっちがからかいたくなるような素人ばっかの所もある。
大型犬売ってるのに「股関節形成不全って何?」って店員がおる位やし。。
トリマーの専門学校でも最低限の獣医学は習うやろって言いたくなった^^;

そんな中で個人のショップが生き残っていくには、やっぱり口コミの評判とか
管理の良さとか、どこかずば抜けて良い所がないと簡単には出来ない。
もうちょっと犬の事を大切に考えて商売するにしても出来ないのかなぁとつくづく思う。
犬が好きでやりだした職業、でも夢と現実は違うってよく言うけど
私はもしプロになったとしても絶対にそうはならない自信がある。

昔、専門学校に行ってた頃、ブリーダーでも小規模で犬達数頭と暮らして、
徹底的に血筋や身体面、精神面等の分析をして、良い犬を繁殖するのが夢だった。
今でもその夢は消えてはいない。

| よ~く考えよ~☆ | | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

それはチャウやろ?

今日はちょっと真面目な話。ちょっと長文かなぁ。

昨日はまだ涼しかったのに今日は又朝からあぢぃぃ^^;
今日も昼から親父の送迎。中途半端な時間なのてテレビに見入ってると
いつもハッとして慌てて出て行く破目になる^^;とりあえず明日まで頑張ろう。

今日の昼、犬達を排便タイムに出した後、ファルドと畦道の段差で座って日向ぼっこをしていた。
畦道脇の家のガレージの屋根がちょうど良い日陰になるので良い風も吹いてるし。

そして座っててふと横を見ると畦道からシェパが歩いてきた!!
あ!!!私はワクワクしつつもファルドに気をつけつつ待っていた。
歩いてきたのはシェパの男の子。いつも話に夢中になると名前を聞き忘れる。笑
私あんまり名前聞く癖がないんよね^^;いつも親に言われるんやけど。笑
どうも近所の施設に車を停めて散歩に来ていたらしく、近所の人では無いらしいけど。

ところが・・・
そのシェパ、見るからに肥え過ぎ。話を聞くうちに体重聞いたら43キロだって^^;
見かけはファルドが絶好調のとき位と変わらない位の大柄には見えないシェパだったけど。
どう見ても30キロ代後半が許容範囲じゃない?って感じだった。
明らかに展覧会系、でもね、後ろ足がもうやつれてたよ^^;
関東の某訓練所(名前は聞いたけどあえて書かないでおこう)から、30万で買ったんやと
聞きもしないのに威張りたそうに話して来た。ふ~ん。私にしたらだからそれが?って感じだった。
展覧会系ってほんまに値段のキリがないもんね^^;
しかも歳を聞くとまだ6歳だって。ファルドより3歳も歳いってるのに
明らかに10歳位に見えたよ^^;ロロタンと同じ歳やん。

しかもそれでその関東の訓練所にこの子は大きいから交配させてくれと
頼まれて何度も飛行機で輸送してるらしい。
アホか!!思わず私は突っ込みたくなった。黙って我慢して聞いてたけど。
しかも形成不全も患っているという。そりゃこの腰で普通とは言われへんやろ。
8歳位になったら歩かれへんようになるんちゃうかとさえ思うほどの悪さだった。
だって6歳とか言ったら充実してる真っ盛りの頃。そのシェパはとてもじゃないけど
走れる腰ではなかった。歩くのでも精一杯って感じ。
今飢餓状態ほどまで痩せているファルドだって、獣医さんにこれだけ痩せていて
普通に走り回れているのは頑丈な足腰のお陰だと太鼓判をおされた。それは嬉しかったけど。

その訓練所も訓練所やけど、最近本当に間違った飼い方をしてる人が多すぎる気がする。
勿論私も100パーセント間違ってない飼い方をしてるとは言えない。
でもね、ちょっと常識があるやろって話。

繁殖する立場から言うと、股関節形成不全の子を交配する事自体、疑問だらけ。
いくら頼まれたからと言ってもね。形成不全と分かった時、
オーナーが形成不全といわれてショックやったんちがうの?それをまたその生まれた子犬の
オーナーさんに同じ辛い思いをさせる訳やで。
いくら自分の犬の子供が見たいからって、自分の犬が経験してオ-ナーが辛い思いをした事を
またその子犬にも経験させるなんて私は出来ん。
これは股関節に限らず、皮膚疾患とか、癲癇とか神経的な物も関連すると思う。
ファルドだって一昨年、体調を崩して下痢体質になった時、これは絶対交配したら
子犬にも遺伝するでって獣医さんでも言われたもんね。そりゃ獣医さんもそう言うのが妥当だと思う。
私もファルドが長引く下痢をした後に交配の話が来ていたら間違いなくしなかっただろう。
ファルドは交配したのが若い絶好調の時だったから幸いだったようなもんだけど・・・。
勿論私もこれだけ下痢する犬を交配なんてしないと思う。笑
笑い話になるけど毎日下痢流すバケツ持って散歩なんて嫌だよね。

メスも勿論やけどオスも形成不全の子を交配させる時点で間違ってる。
その交配にだってオスは凄い体力を使う。交配が終った時点で腰がガクガクになる子もいる。
正常な腰の子でさえそうなる事もある。メスなんてその大きいオスに乗られるんやから
尚更腰が丈夫じゃないと、大変な事になる。
メスは出産だって出産後に腰が一時的におかしくなる子もいるし。
そりゃ下手したら骨盤外れる位の勢いやもんね^^;ダメージもある。

私はシェパの繁殖の際、自分の手で子犬のオーナーさんに渡す時は
股関節に関する運動方法や胃捻転、ワクチン、フィラリア等、最低限の事を
注意事項として紙に書いて渡している。
それと同時に多頭飼いや繁殖に興味のない方にはまず去勢や避妊を進めている。
麻酔などのリスクを考える人もいるけど、その前に私は他の人から交配してと頼まれた時、
素直に断れますか?と言うのが一つの要素にしている。
メスを飼えば誰でも一度は「この子の子供はどんな子だろう」と思うだろう。
そしてオスはメスの飼い主に「この子と交配させてもらえませんか?」といわれる事があるだろう。
でもね、シェパの繁殖(大型犬の繁殖)ってまず共働きの家は無理だし、
24時間子犬達を家でみとけるか位の心構えでしないと無理なんですよ。
勿論「犬は安産」ってのはとんでもない迷信で異常出産もあれば死産や逆子もある。
そしてその自分の犬の子を見たいという誘惑にずっと釣られていると、いつまで経っても
避妊も去勢もせず、あげくに歳行って蓄膿症で亡くなったりと言うことも無いとはいえない。
だったら最初からもう決めたら去勢や避妊はしてあげてくださいと進めている。
繁殖をするなと言うのではなく、手間暇かけて子犬を育てる自身が無いなら
やめておいた方が良いですと言うのがまず先だと私は思う。
「○○さんがこの子の子供を欲しいといわれてる」とか「この子の子供を我が家に残したい」
と言うのも解る。でもね、シェパは大型犬、うちに前居たシェパみたいに13頭も産む子も居る。
その人に1頭渡したとしても、後の12頭、責任持って里親を探せますか?
子犬なんて大人しいのはほんの1か月ほど。
それを過ぎれば猛獣状態になり破壊行動も始まる。本当に繁殖って覚悟を決めた上で
しないとダメだと思う。こだわりを持って繁殖してほしいと言うのが私の考えかなぁ。
ってそれは私にも言える事だけど。外見だけ、性格だけで誰とでも交配すれば良いって物でもない。
両親の体型、血筋、性格、今までの前腹の状態、そんなのも考えた上でしないと
納得できる繁殖は出来ないと思う。
やっぱり何度か繁殖しているとどういう子が出ると言うのも解る。
解るなら解るでそれを良い方向に変えていけるように更に厳選してオスやメスを選ぶのも大切だと思う。
オス、メスが何歳になれば繁殖したら血統書が正規に発行されるか知ってますか?
最近早期繁殖のハンコもよく見るようになりましたが。

勿論、私の繁殖した子達に対するアドバイスもちゃんと守って暮らしていただける方もいれば
自己主張を通す方も居る。勿論私もオ-ナーさんが相談されてこない限りは
それ以上の押し付けもしない。ただ、最低限のシェパを飼う心得として話はする。
だから特にネット関係はそうだけど、私を頼って色々と相談メールを下さったり、
意思の疎通が出来るオーナーさんは本当に有難いし、その愛犬達も本当にイキイキと育っている。

これは繁殖した子に限らず、他のシェパ飼いさんからもよく相談を受ける。
中には生後3ヶ月でアスファルトの地面での自転車引きに行くとか、
フローリングですべりまくる所で飼われてⅩ脚になってる子とか、まるで拷問のような
飼い方をされる子もいる。それは勿論人それぞれ。色んな人がいるし仕方ないと思う。
だから私は後でこうなりましたと言われた時に「だから言うたでしょ?」と言うと
オーナーさんは現実を見る事になり、後悔される方も多い。
「だから言うたやろ」ってのは完全に後悔やし、私が嫌いな言葉やわ。笑
シェパの飼育って他犬種に比べて簡単では無いと思う。お金も掛かる。
繁殖して金儲けなんて考えてる人は何の為に繁殖してんの?って思うけど。
自分の犬を「物」として考えてるようなもんやもんね。
胃捻転なんてなれば数十万は普通に飛ぶと聞き、カカリツケに私は金額聞いた事もあったけど。爆
何もなく育てば、それはただ単に運が良かっただけと言っても、過言では無いかも。

他の犬種に比べて皮膚も弱い、脂っこい、胃腸も弱い、股関節が悪い、胃捻転が多い。
好発疾病も山ほどある。例え衝動買いで買ったとしても少しでも良いから勉強してほしいと思う。
勿論私だってまだまだシェパ飼い10数年。40年も50年も飼ってる人に比べれば
ひよこみたいなもんだけど。。。

話は反れたけど、そのシェパに会って、さすがにこれだけはと思って言ったのが大きさの事。
その飼い主さんは大きくする事に凄く拘っている。何でそんなに執着するの?ってほど。
でもこれでも体重は痩せたらしい。前は50キロ近くあったんだとか。。この体型から言うと有り得へん。
一日に800グラムもフードやってるんだって。
どう見てもこの体型なら標準量の400グラム位で十分じゃない?と思ったけど。
何でそんなに大きくする事に拘るんだろう?何で体重ばっかり言うんだろう。
別に何キロだって良いやん。自分の犬には代わりないんやから。
そんなに大きい子がほしければシェパじゃなくピレとかデンとか大きい犬飼えば良いやん。
そりゃ私だってファルドを飼う時、父犬が40キロ越すような大きい子で好みの体型だったから
ファルドも大きくなってほしいとは思ったよ。でもね、「その子に合った体型」ってのがあるでしょ。
肥えさせれば良い、ご飯を一杯やって大きくすれば良いってもんじゃない。
大きくなったなら、その子はしっかりした骨組の子なんだなって思えば良いやん。
体重を言う事によって自分の中で他の人に対しての自慢みたいな優越感が出るんだろうか。

大きくたって無理やり大きくするのと、元々の持って生まれたものとは違う。
それを勘違いしないでほしい。
母犬や父犬が例え大きかったとしても、その子供も大きくなるとは限らない。
その子にあったサイズってのがある。勿論、父犬や母犬の大きさは参考にはなったとしても
現実的にその大きさになるのはホンのひとかたまりだろう。
だって個人の家庭毎に育て方も違えば環境も違う、ご飯の量も違うんだし。
ご飯だって沢山やれば良いってものでもない。肥えないからと言って沢山やれば
その分勿論、胃捻転等のリスクも大きくなってくるし。
そんな事を解った上でやってるんだろうかと思う。
無理やり大きくする事によって、歳をとり出した時に、早い時期に足腰のガタが出たり、
勿論ホルモンバランスが崩れる事だってある。
褒めたりとか可愛がる以外の度を越えた愛情って本当に犬にすれば「危険」に過ぎないと私は思う。

最近よく外見は大きく見えても体重が軽い子が結構いる。
え~そんなけしかないの~?って子。
でもね、本当はその位の子が一番体に合ってるって言えるんだと思う。
シェパって肥え過ぎよりは絶対的に痩せすぎの方が良いって良心的なブリーダーは皆言うし。
最近特にメスは小さい子も多い。20キロ代前半の子も普通に沢山いる。
でもね、小さいって事が嫌なのか、大きい子を見ると、ご飯を増やして
無理やり大きくしようとしたりしてる。
それって犬にとってはどれだけ負担になるか解りますか?
小さくても良いじゃないですか。シェパ、そして自分ちの子には変わりないんだから。
そんなのファルドなんて足短いけどシェパなんですから・・・爆
メスは30キロ、オスは40キロ無いとシェパじゃないみたいに言う人もいるらしい。
そんな事を言う人がいるから無理やり大きくして疾患が出てきて
泣く事になるオ-ナーさんがいるんだと思う。
交配だってシェパは展覧会系と訓練系を交配すると腰の悪い子が多い。
腰の上がり方にもピンからキリまであるけど、そりゃ外見的にも全く違う腰だしそれを合わすと
どっちに合わせば良いの?って事になるよね。遺伝子も迷うよ。笑
うちのメスシェパを以前何度か外産と交配したいなと思うことがあったけど
外産は展覧会系の子みたいに綺麗に腰が下がってるし、うちのメスは比較的訓練系でも
腰高の子が多かったので、うちのメスを外産の子と照らし合わせると腰の強い子は無理かなと諦めた。

人は人、自分は自分で「他所の子が大きくてもうちの子はこれで良いの」って感じに
捉える事が出来るようになってほしいと思う。

今日会った、そのシェパ飼いさんに私は思い詰って言った。
「訓練所の言うとおりに従うんではなく、しっかりと自分の意思を伝えた方が良いと思います。
このまま利用されるままにこのシェパちゃんを交配に使っていると寿命が縮まるどころか
ゆくゆく泣くのは飼い主さんです。大きくすれば良いって物でもないし、6~7歳にもなれば
嫌でも幅は出てきますからこれ以上肥えささずご飯を減らすとかして痩せさせてあげて下さい。」
気が付けばシェパ飼いさんと一時間ほど座り込んで喋っていた。
私の家もそこだと言ったのでまた遊びに来たついでに寄らせてもらいますと言っておられた。
その方はシェパ飼いさんに会ったのが始めてらしく、喜ばれてたしね。
でもそのシェパ飼いさんも熱心に私に色々と聞き、訓練所に利用されてるだけだった自分達が
情けないと話されていた。そんな訓練所もあるんだなぁと私は悲しくなってしまった。
でも以前も知り合いのシェパがそこから来たといって高額だったのを覚えてるし、要注意ですね^^;

なんか今日は真面目に自分の思いを書いて見ました^^;
皆さんはどう思われたか非公開でもメールでも良いのでコメントいただければ有難いです。
今日会ったシェパが今度会う時には痩せて普通に歩けるようになってますように。

| よ~く考えよ~☆ | | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

処分と譲渡・・・

今日のブログはちょっと長いですよぉ^^;私もミックスジュース片手に書いてます。笑

今日も昨日に引き続き午後は親父の送迎。
今週は3日ほどで済んだけど来週は5日^^;ちょっと心構えが必要か^^;笑
まぁこれからは日も長くなるし犬達の散歩の時間帯には掛からないから
私は昼寝の時間がなくなる程度やけど。って言っても普段昼寝なんかせんし、
最近になって、よくしてるだけやけど。笑

晩、犬関係のテレビをボォッと見ていると保健所関連の事がやっていた。
話題になってたのは岐阜の保健所。子犬の処分数はゼロに等しく、成犬も、ボランティアや
インターネット等で里親を募集し、高い確率で里親さんが決まっているらしい。
しかもそれをしているのは獣医さん。

よく考えると獣医さんになってる人って少なからず動物を助けたいって気持ちでなってるんだろうし
保健所って所は一般の人は「犬を処分する所」って言うイメージを持ってる人が多いから
そんな所で働くのも本当に切ないと思う。でも自分がしなければって感じで
進んで努力してくれるって犬にとっては本当に幸せなことだと思う。
勿論何より一番悪いのは犬を「物」のように捨てる飼い主だけどね。。

不思議と保健所って一般家庭ではあんまり見かけないポインター系とかが多いけど
やっぱりそこも多かった気がする。見るからにグレートデンみたいな子も映ってたし。
何も知らない子犬が一生懸命尻尾振って相手して~って顔して甘えてる子とか
檻の奥の方で何か感じてるようなくらい顔をしてカメラを見つめている子。本当に色んな表情があった。

そしてそんな中引越しの為飼えなくなったというピレニアンが持ち込まれ、
檻の中で吠えまくっていた。その獣医さんが出していると全く無害のような子。
この前別のテレビでもピレニアンが映ってたけど、ピレは他犬種より耳が聞こえやすく
躾け方によっては無駄吠えも多いって聞くけど犬種的にそのせいで捨て犬が増えてるのかなぁ。

そしてそのピレもボランティアが里親さんを探し、
偶然ピレを最近まで飼っていたと言う里親さんが見つかった。
里親さんに会わせるときに、犬舎から出てきた時のあの嬉しそうなピレの跳ね方。
体重48キロとか書いてたけど顔見るとイカにも若そうな顔してたもんね。
あのべビーフェイスがピレの可愛い所でもあるけど^^
でも見てると涙が出てきた・・・なんでこんな可愛い子を捨てるのか。
新しいオーナーさんがまるで元々の飼い主のように、ピレは凄い喜んで甘えていた。
家まで映ってたけどザッと見て畳20畳弱位はありそうな巨大な庭の外犬舎でビックリしたけど^^;笑
超大型犬がそこまで環境整った所で飼われて本当に幸せだと思う。
他の保護犬達もそんな出会いが増えると良いけど・・・。

他にも生後一ヶ月くらいの雑種らしき子犬数頭が「飼えないから」って理由だけで
持ち込まれていた。飼えないならなんで里親を見つけようとしないのか、
何で物心付く位まで大きくするのか・・・。そうさえ思った。子犬は明らかに怯えてるような顔してたし。
可哀想過ぎる。
譲渡会に来てた人達の多さにはビックリした。子犬5~6頭に30組だって。
そんな中で貰われた子犬達は本当に幸せになりそうな気がする。

保健所は一般人の考えから言うと犬を処分する所。
雑な言葉で言ってしまうと犬を殺す所。そんな所に今まで自分と一日でも楽しく暮らした犬を
何で持ち込めるのかと本当に神経を疑ってしまう。
飼えないと言ってもある日突然飼えなくなるなんてマレやん。
何らかの前触れがあるやろうし、飼えないなら飼えないで、オ-ナーさんを必死になって探すとか
誰かに相談するとか出来ないのかと思う。保健所に連れて行けば一瞬にして命がなくなるのと
同じようなもんやし・・・。処分(殺す)と譲渡(新しい人に譲る)は違う。
ちょっと位愛情のカケラくらい持ったであろう愛犬をよくも保健所に連れて行けるなと思う。
そりゃ昔からこうゆう事はあるけど人を噛んでしまって保健所行きになったとか
そんなのなら仕方ないのかもしれない。でもね、いくら噛み犬でも、いくらでも矯正の仕方はあると思う。

もう死んじゃったけど直人の所の初代のオスのドベのベンがそうだった。
直人の会社の得意先の資材置き場で飼われてて、番犬用に育てられたので
飼い主以外は手当たり次第に噛む子だった。
しかもヨーロッパ系で体重は肥えすぎもあって50キロ近かった^^;
そりゃ散歩なんて連れて行かれた事もなく、一日工場につながれてご飯貰ってただけやもんね^^;
そしてその会社が移転する事になってベンは要らんから保健所に連れて行くと得意先の社長が言い出し
直人が可哀想で仕方なくて家に連れて帰った。でも最初は鉄の犬舎までも破壊し、吠えまくり
直人の家族どころか当時3歳とかだった姪っ子まで噛まれて大変だった^^;
幸いだったのは食べ物に執着があったので(ファルドみたい。笑)それを利用して
口輪して私が触ったり直人の会社の人たちに協力してもらって家に来たついでに
ご飯をやってもらったりして、トコトン、人間は美味しいものをくれる人だというのをわからせた。
すると徐々に私や直人に心を開きだして、最終的には3歳の子でも散歩にいけるほど従順な子になった。
自転車引きなんて行こうもんなら、ドベ独特の暴走丸出しで、
最初はレーシングカーかって程暴走して、何度もド田舎の田んぼ道でこけたけど^^;
最終的に私と直人以外の家族や他の人に慣らすのに5年掛かったけどね^^;
それから直人はどっぷりドベの虜になったわけやけど。笑
だからやっぱりここでも言いたいのは何か手はあるやろって事。
人間で考えたら恐ろしい事。そんな簡単に人間なら処分できないよ。
犬だから・・・動物だから・・・出来るってなってほしくない。

岐阜の保健所のような施設がもっと増えればなぁと思った。
保健所はやっぱりその処分と言う仕事柄、犬が好きな人は見るのも嫌で働けないと思う。
でも逆に、犬が好きな人が保健所で働く事によって皆ある程度躾を入れて譲渡するとか
健康面で問題なくなってから譲渡するとか考えられるような気もするんやけど。
そんな世の中が上手い事行くなら勿論処分される子達もいないだろうけどね。

もう7~8年前になるだろうか。
私は京都にある動物愛護センター(保健所の管轄)での譲渡会に2度程行った事がある。
私の友達と近所の人が雑種の子が欲しいと私に言ってきたので、どうせならそういう譲渡会に出てる
処分を逃れた子犬達を救ってあげた方が犬達も幸せでは無いかと勧めた。
そこは月に二回、譲渡会をしていて、主に私が行った時は子犬のみだったんやけど
今は成犬も職員が訓練を入れて譲渡するという試みを出しているらしい。
そこも以前テレビで何度か報道されてたけど。

その時も子犬10頭ほどが居たけど、そこはじゃんけんではなく早い者勝ち形式。
私はそれを事前にセンターに電話して職員さんに聞いてたので一度目の友達の付き添いの時も
二度目の近所の人の付き添いの時も始まる一時間ほど前から行って一番手に待っていた。
そして一番に友達も近所の人も、好みの子犬を選ぶことが出来た。
二回とも確か希望者が犬の倍くらい来てて好きな子にも数にも当らなかった人が居たけど、
職員に聞いたら何回でも外れて来ている人もいると言うからそれにもビックリした。

子犬達は生後二ヶ月ほどだけどしっかりと虫下しもかけられていた。
譲渡の際には獣医師の簡単な飼い方の説明もあったし安心して貰ってきた。
今もその子達は各家庭で可愛がられている。本当に可愛がられている。
オ-ナーさんは「せっかく救えた命やから・・・」と言われている。本当にそうなると幸せやね。

以前は子犬しか各都道府県の保健所もしない所が多かった。
でも最近は成犬も譲渡する方向に変わっている所が多い。
成犬の方が返って手も掛からないしと言う人も多いらしい。

保健所じゃなくて、愛護センター的な所がもっと増えると犬達も救える数が増えるんだろうなぁ。
でもその分捨てる人も減らないだろうし・・・。何とかできないものかとテレビを見て考えさせられた。
そしてそういうところにプロの訓練士とか獣医が入る事によって、
病気とかしつけに関してオーナーも心強いだろうし譲渡後のアフターケアみたいなものも充実するだろうし。
保健所に持ち込まれる理由が引越しとか犬自身の病気がダントツなんて可哀想で仕方ない。

今日はファルドの下痢対策を考えてる場合じゃなかった。。。笑
なんだか今日は私の個人的見解を書いちゃったので聞き流しといてくださいね^^;

そういえば最近野良犬って見なくなった・・・・。
何でだろう。

あ、そうそう、ザリガニザリコさん、今日の夕方、死体となって発見されました。。泣
昼に見たときに横向いてたし、おかしいなとは思ったんだけど、夕方にはかなり弱ってて・・・。
オカンが昨日勝手に水を変えたらしく、もしかして畑の汚い水が流れてる時に
換えちゃったんじゃないかなぁと。。せっかく慣れだした最中だったのに・・・残念。

| よ~く考えよ~☆ | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

改正・・・

ここの所、6月からの色々と変わる法律とかのうんぬんの特集とかを
夕方のニュースとかでよくやっている。
今日もちょうどオカンの買い物中、車で待ってる時に動物愛護法の改正関連の特集をしていた。
途中からしか見てなかったけど、ペットのマイクロチップの義務化が討論されているらしく
あるペットショップでは販売している動物にマイクロチップを入れているとか。
映像ではどでかいニシキヘビみたいな蛇にマイクロチップを入れる所が映っていた。
蛇でも悲鳴をあげるんですね^^;ギィィィ!!みたいな声を出してるのを見て
思わず「可愛い♪」と思ってしまった私。笑
本当は蛇は大の苦手なのに・・・笑

でもマイクロチップの義務化って私も賛成だなぁ。
もし捨てられたとしても飼い主が判る訳だし、それこそ常習犯とかになれば
行政からの指導が入る事も増えるだろうし。
勿論購入する時点で、飼い主が住所等を偽造すればそれまでなのかも知れないけど。。

飼い主が飼う意思がないのなら別として、家庭で可愛がってる子達が、もし何らかの事故で
逃げ出してしまった場合、マイクロチップで飼い主が判明すればそんなに幸せな事は無いと思う。
やっぱり過失とか事故で逃げ出しても何年でも探しておられるオ-ナーさんもいるし。
しかし蛇にも入れてたのはビックリしたなぁ^^;でも最近爬虫類とかも逃げ出す事多いもんね^^;

そういえば本日、今年初めての蛇さんのメデタク?ご対面しました^^;
しかも多分青大将^^;かなりでかかったです^^;
せめて記念すべき初対面なんだから、子蛇位だと嬉しいのに。。泣

これからは畦道の両サイドを見ない散歩が暫く続きそうです^○^
何で見ないかって??もちろん蛇が潜んでる事が多いからですよ。爆
カサカサ!!なんて音がしようもんなら私はダッシュで逃げますから。笑

毎年同じ事言ってるかわかりませんが
私は小さい時(3~4歳の頃)に畦道の水路で雨上がりの増水で
網を受けていれば魚でも流れてくるかと受けてた時、運悪く蛇さんが入ってこられ
それ以来、幼い乙女?(爆)の夢を壊された蛇さんが大嫌いになりました。爆

| よ~く考えよ~☆ | | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT